初めてのアルバイトは中華料理屋

私の初めてのアルバイトは、近所の中華料理屋でした。正直なところ、あまりいい思い出ではありません。
当時私は学生で働きたいと思っていたところ、夫婦で営業しているこのお店の募集を見つけました。奥さんが足を痛めたため、店員を募集したということを後で知りました。時間は夜、週に2日からというのにも魅力を感じ応募したところ、無事面接にも受かり雇ってもらえる喜びを感じていました。けれども、バイト初日からこんなことも知らないのかと怒られまくりました。働くことは楽ではないのだと思いながらも、毎回怒られるので自己嫌悪にもなりました。

それに、少しずつ店長のやり方に疑問を持ちつつもありました。夫婦2人と私以外の店員は1名、計4名でまわしていた小さな店なのでマニュアルはありません。それに、料理は文字で紹介されており写真はありません。私は毎回メモ帳を持っていき、店長に言われたことをメモしていました。けれども、行くたびに店長の言うことが異なり、メモ通りに動いたり定食の料理を並べたりしても違うと叱られ続けました。

しばらくして一人の店員がやめ、アルバイトは私一人になりました。私は決まった曜日に週2回出勤していたのですが、休みの日に急に店長から怒りながら電話がかかってきました。なぜ来ない、バイトはおまえしかいないから毎日来るのがあたりまえというような内容でした。私は謝り続けたのですが、最後にはクビだと一方的に言われ電話を切られました。すぐにこちらから電話をしても出てもらえず、結局1カ月分の給料も払われず終わりました。店はその後すぐに閉店しており、例え連絡をとろうにできない状況でもありました。当時の私はバイト経験がそこのお店でしかなかったこともあり、疑問を持ちつつも私が悪かったのかなと考えていました。

その後別のバイトを経験しました。そこでは1年程の間クビにされることもなく、楽しいことも大変なことも体験しながらも充実した日々を過ごすことができました。初めてアルバイトをするときには、働きたい場所の環境や人を知ってから応募することが大切だと思いました。また、働きだして職場に疑問が出た時は、一緒に働いている人以外の人に相談するのもおすすめです。