30分で「続けていけそう」と感じました

私が初めてアルバイトしたのは、大学1年生のとき、家庭教師のバイトでした。
大学に入るとすぐ、友人といっしょに家庭教師の仲介会社に登録しました。友人は大学に入ったらバイトを始めることを高校の時から考えていて、すでにリサーチ済み。私も誘われて、登録したのです。

案外早く、生徒を紹介してもらえました。小学校4年生の男の子です。「成績があまり振るわないので、学校の授業の補習をしてほしい」というのが親御さんの希望。受験とは関係ないので、それならあまり負担を感じないでできるだろうと思いました。
けれど、最初の日は緊張しました。初めてのバイト、しかも知らない個人宅まで行って「授業」をするのです。子どもとの接し方もまったくわかりません。

どきどきしながら、授業を始めて、30分後には「これなら続けていけそうだ」と感じました。きっかけは生徒の笑顔です。
彼は私以上に緊張しているようでした。となりにいても、彼の心臓の鼓動が聞こえるような気がしたほどです。
それが、30分ぐらいたって、少し緊張がとけてきたのでしょう。私が口にしたちょっとした冗談に反応し、こちらを向いて「にっこり」笑ったのです。
その瞬間、教師と生徒という関係が、始まったように思います。
結局、小学校を卒業するまで、3年近く、教えました。

高校生のアルバイトでしたら
もし、高校生で初めてバイトするならこちらが参考になりそうです。
http://初めてバイト.net/

個人的に高校生におすすめなアルバイトは、コンビニエンスストアですね。
コンビニエンスストアは学生バイトの比率も多く、雇う側もテスト期間や平日の勉強時間確保について一定の理解を示してくれます。
そのため、学業に支障をきたすほどシフトを入れられるというケースは他のアルバイトと比較しても少ないように思われます。
また労働環境が平穏なため、例えば業務中に怪我をしたとかさせたなどのトラブルに巻き込まれる可能性も極めて低いです。

レジであればそれなりの接客マナーを教え込まれますので、この点においても将来的に役立つことは間違いないでしょうね。
とにかく高校生であれば基本的には学業が第一ではありますが、働くことの大変さ、お金を稼ぐことの大変さを学ぶことは何よりも勉強になります。
コンビニエンスストアであれば大学生も数多くアルバイトをしていますので、高校生活をどのように送るべきか、受験をどのようにして乗り越えるべきか、そして大学生活とはどのようなものなのかもリアルな声を聴くことが出来るはずです。

こうしたことがモチベーションとなり、自分も勉強を頑張って進学をしようと思えればなお良いですよね。
以上のことから、私はコンビニエンスストアでのアルバイトがおすすめです。

初めてのアルバイトは中華料理屋

私の初めてのアルバイトは、近所の中華料理屋でした。正直なところ、あまりいい思い出ではありません。
当時私は学生で働きたいと思っていたところ、夫婦で営業しているこのお店の募集を見つけました。奥さんが足を痛めたため、店員を募集したということを後で知りました。時間は夜、週に2日からというのにも魅力を感じ応募したところ、無事面接にも受かり雇ってもらえる喜びを感じていました。けれども、バイト初日からこんなことも知らないのかと怒られまくりました。働くことは楽ではないのだと思いながらも、毎回怒られるので自己嫌悪にもなりました。

それに、少しずつ店長のやり方に疑問を持ちつつもありました。夫婦2人と私以外の店員は1名、計4名でまわしていた小さな店なのでマニュアルはありません。それに、料理は文字で紹介されており写真はありません。私は毎回メモ帳を持っていき、店長に言われたことをメモしていました。けれども、行くたびに店長の言うことが異なり、メモ通りに動いたり定食の料理を並べたりしても違うと叱られ続けました。
続きを読む

高校生バイトにアンケート調査は報酬高めで意外と楽しい

高校生にオススメのバイトはやはり、短期間でもできるアルバイトだと言えるでしょう。ですからやはりリサーチ会社もしくはマーケティング会社などでのアルバイトが適していると言えるでしょう。

まあもっとも、「高額報酬が約束できるアルバイト」などといったような高望みとも言える条件が入ってしまいましたら、高校生バイトともなりますと非常に厳しいものがあるでしょう。なぜなら、その理由は言うまでもなく、高校生にお願いできる高額報酬のアルバイトは、非常に数が少ないからです。なおかつ短期間という条件までついてしまいましたら…。
続きを読む

私が冬休みにしたアルバイトはパン工場と神社の駐車場です

私が以前にした冬休みのアルバイトは二つあります。
一つ目は、パン工場でのアルバイトです。
時間は夜の9時から翌朝の7時までで、時給は950円でした。
仕事内容は、色々なパンやシュークリームが流れてくるラインに立ち、パック詰めをしたり、揚げパンをひっくり返したりしてました。
また、ショートケーキに使うイチゴのヘタを取り除く仕事もしました。
パン工場のラインの仕事は初心者でも簡単に作業ができますが、あまりにも単調な仕事なので、夜中に眠たくなってきますので、十分に睡眠をとってから仕事に入るようにしていました。
アルバイトの最終日には、袋いっぱいにパンを貰いました。
何気ないことですが、とても嬉しかったです。

続きを読む

ファーストフード店での初アルバイト!

高校を卒業した春休みからスタートした人生初のアルバイトは駅前でのファーストフード店でのアルバイトでもありました!
ドキドキした気持ちで面接を受けた後、採用されたので自由に入れる時間には積極的にアルバイトをしていた記憶があります。
なんにしても仕事をするのが人生的にも初なこともあり、かなりの緊張状態で最初はとまどいましたが、ランチ時のピークの忙しさを経験しているうちに自然となじめていった感じがします。

先輩はちょこっと怖い人もいて精神的には怯えていたこともありましたがそこはぐぐっと我慢でこらえて時間を過ごしているうちに、対して気にもならなくなってきて仕事もささっとこなせるようにもなっていったものです。
一番大変だったのはいつもいつも店長や上の人たちから笑顔笑顔と言われ続けていたことでもありました。

続きを読む

お友達の紹介でパン屋でアルバイト

お友達が近くにできたパン屋さんでアルバイトをすることが決まりました。
お店はとても繁盛しており忙しかったようなのですが、とても楽しくお小遣いも貯まると喜んでいました。
私も当時アルバイトをしたかったのですが、なかなか時間のシフトの合う場所がありませんでした。
その時にお友達の話で、別の場所にそのパン屋さんが新しい店舗を作るという話を聞いたのです。

続きを読む

商店街にある、回転すし屋さんでのアルバイト。

私の初アルバイトの経験をご紹介したいと思います。
私は高校入学して直ぐに、近所の商店街にある「回転すし屋さん」でアルバイトを始めました。
動機は、お金が欲しいというよりも、働いて大人の仲間入りがしたいというのが、主だったと思います。

続きを読む